一本化ローンの注意点について

申し込みを一本化ローンにする前に、まずきちんと借入残高と金利のチェックをしておきましょう。
現在のローンより、まず低い金利のローンに一本化する事が第一条件です。
借り入れ状況によっては、金利の高いローンのみを一本化した方が良い場合もあります。
ローンをせっかく一本化しても、毎月の返済額を高くし過ぎた場合には、返済が滞ってしまう事も考えられるので気をつけましょう。
そして、余計な負担が増えてしまうのが、滞納だけでなく遅延損害金も発生してしまった場合です。
返済金額のゆとりばかり重視していると、支払い総額が増加するということもあります。
支払い総額が増えてしまっては、一本化ローンの意味が無くなってしまいます。
一般的に返済額の設定する時の目安としては、月収の2割以内が無理のない返済額といわれているので、参考にしましょう。
ローンの一本化によって元々借りていた金融機関に、余分な返済実績が出来てしまうことになります。
これで可能になってしまうのが新たな借入なので、借金がどんどん増える場合もあります。
何かとメリットの多い一本化ローンですが、注意点をしっかり押さえておかないと逆効果になる場合もあります。
お金の管理をしっかりと、無理のない返済計画を立て、自分の生活に取り入れていきましょう。
そして、忘れてはいけないことは、一本化ローンを活かすも殺すも自分自身にかかっているということなのです。