一本化ローンとは

よく聞く一本化ローンとはどのようなローンのことをいうのでしょうか。
何社かの金融業者から借り入れしているローンを、銀行等の低金利の金融機関に一本化することを、一本化ローンといいます。
毎月の返済をローンを一本化することで、利息の支払い負担を減らし楽にすることができます。
今までローンを一本化するサービスは、地方銀行や信用組合など一部の金融機関でしか取り扱っていませんでした。
現在では銀行、信販会社、消費者金融でも取り扱う様になり、一本化ローンは一般に広まりました。
担保や保証人が不要のケースもありますが、金額が大きくなると担保や保証人が必要になる場合が多いようです。
特に一本化ローンを銀行等で行う場合、担保や保証人が不要であっても信用保証協会の保証を要求されたり、団体信用保険の加入が義務付けられることがあるといいます。
50万円をローンの申込金額が超える場合は、身分証明書以外に源泉徴収票や給料明細などの所得証明が必要になります。
融資枠に明確な基準はありませんが、一本化ローンの限度額は年収の半分程度が目安になっているようです。
各社の社内規定によって、過剰貸付防止の為に限度額が決定されています。
過去の借入状況やクレジットの事故歴によっては、一本化ローンの審査が通らなかったり、融資額が低くなる場合もあり得ます。
サービス内容は、取り扱い金融機関によって違ってきます。
気になるサービスがあったなら、非常にメリットのある借金解決方法の一つなので一本化ローンについて情報収集をしてみましょう。